2007年11月05日

Postfix2.4とBerkeleyDBの微妙な関係

 バージョンがいくつになってもBerkeleyDBに振り回されるPostfix。

 まず、makedefsを編集しなきゃいかん。

 ふかふかの部屋 - Install Memo - Postfixの下のほう

 で、make installでエラーになるので

 sudo vi /etc/ld.so.conf

 /usr/local/BerkeleyDB.4.6/libを追加(数字はインストールされているBerkeleyDBのバージョンによって違う)

 で
 sudo ldconfig


 あとは、
 make tidy
 make -f Makefile.init makefiles \
CCARGS="-I/usr/local/BerkeleyDB.4.6/include" \
AUXLIBS="-L/usr/local/BerkeleyDB.4.6/lib -ldb"
 make
 make install


 で終了。あーめんどくさい。

posted by よっしぃ at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。