2006年12月15日

Visual Studio 2005でのOracleへの接続で設定するServer Nameについての情報

 Visual Studio ExpressVisual Web Developer 2005 Express Editionでは、Database ExplorerでOracleへの接続も作成できます。使ってないのでわかりませんが、上位エディションでもきっとできると思います。

 そのOracleへの接続の作成の部分でネットにも出てないと思われる情報があったので、紹介させてもらいます。なお、英語版を元に説明していますので、日本語版を使っている方はメニューの項目名を日本語に置き換えてお読み下さい。

 Database Explorer ビューのData Connectionsで右クリック→Add Connectionで接続情報を入力する画面が表示されます。(この画面のData Sourceの値が「Oracle Database」になっていなければ、Change Data Source画面で変更して下さい)

 私の環境では、この画面のServer Nameの部分にホスト名(または、IPアドレス)」のみ、「Oracleインスタンス名(データベース名でいいのかな?)」のみだと接続ができませんでした。

 そこで、「ホスト名(または、IPアドレス)/Oracleインスタンス名」と設定してみたところ接続ができるようになりました。

 この情報は、ネットで探してもなかったと思います。Visual StudioでOralceへの接続の作成ができない場合にお試し下さい。
人気blogランキング


posted by よっしぃ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Visual Studio 2005
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33773018

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。