2007年10月03日

[Rails 2.0 Preview]データベース作成・削除のRakeタスクの追加

 Rails 2.0: Preview Releaseに興味深いRakeタスクが追加されていたので紹介します。

 紹介したいのは以下の4つです。
db:create
db:create:all
db:drop
db:drop:all
 db:create〜はデータベース作成、db:drop〜はデータベース削除のタスクになります。どれもconfig/database.ymlを元に操作を行います。allがあれば、config/database/ymlに定義してある全てが、allがなければ、RAILS_ENV(何も指定しなければdevelopment)にあたるものが対象になります。

 MySQLの場合、db:create〜でCHARSETとCOLLATIONが指定できます。何も指定しないと、それぞれ「utf8」、「utf8_general_ci」となります。

 ちなみに、どのコマンドもhostの値がlocalhostの時にのみ実行できます。
タグ:2.0 ruby on rails

人気blogランキング


posted by よっしぃ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(2) | Ruby On Rails
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[rails]2.0新機能の話
Excerpt: 会社の人のブログで紹介されてた。 おお、凄い! これすれば、最初にDB作成とかもスクリプト上で出来ますね。 今日帰って試してみよう。
Weblog: zenpouの日記
Tracked: 2007-10-04 10:21

[ruby]railsのdb作成
Excerpt: db:create db:create:all db:drop db:drop:all database.ymlを元にdbを作成してくれる。 もうこれでphpmyadminはいらないかも。 data..
Weblog: fxyoxbjisの日記
Tracked: 2007-12-10 08:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。