2007年11月05日

Postfix2.4とBerkeleyDBの微妙な関係

 バージョンがいくつになってもBerkeleyDBに振り回されるPostfix。

 まず、makedefsを編集しなきゃいかん。

 ふかふかの部屋 - Install Memo - Postfixの下のほう

 で、make installでエラーになるので

 sudo vi /etc/ld.so.conf

 /usr/local/BerkeleyDB.4.6/libを追加(数字はインストールされているBerkeleyDBのバージョンによって違う)

 で
 sudo ldconfig


 あとは、
 make tidy
 make -f Makefile.init makefiles \
CCARGS="-I/usr/local/BerkeleyDB.4.6/include" \
AUXLIBS="-L/usr/local/BerkeleyDB.4.6/lib -ldb"
 make
 make install


 で終了。あーめんどくさい。

posted by よっしぃ at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。