2007年06月10日

RailsのDateHelperの小ワザ

 ActionView::Helpers::DateHelperののselect_で始まる関数のオプションに:prefix => 'foo', :field_name => 'baa'を与えるとname = "foo[baa]"とできる。

posted by よっしぃ at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby On Rails

2007年04月07日

Railsでのテスト

 Railsでのテストについてまとめてみた。

 

 導入は ここら辺。 

Rubyist Magazine - RubyOnRails を使ってみる 【第 6 回】 テストの書き方

RoR Wiki 翻訳 Wiki - HowtoFunctionalTestACreateAction

 

 応用というか心 持みたいなところ。

moroの日記 - Rails でテストを書く勘所

 

  実例はここら辺かな。

もち - on Rails : login_generatorを本格的に使ってみる2

 

 昨日知ったのだけど、インテグレーションテストの機能もあったらしい。

Rails API ドキュメント ActionController::IntegrationTest


posted by よっしぃ at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby On Rails

2007年03月03日

cronで実行する場合のPATHの扱い

#!/usr/bin/env - どさにっき

 上記問題ではまった。 /etc/crontabのPATHに必要なパスを追加してもだめで、cronで実行させようとしているシェルスクリプト内でexport PATH=$PATH:[必要なパス]をする必要があった。
タグ:Linux cron

posted by よっしぃ at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2007年01月20日

Seleniumについての情報

WEB+DB PRESS Vol.36
WEB+DB PRESS Vol.36

 興味があったSeleniumについて調べてみた。まずは上記の本の特集がお薦め。Selenium IDEの作者の方(何と!日本人なのです)が書いたものです。少し話が逸れるけど、この本はJavaでRuby On Railsっぽくできるフレームワークの紹介の記事もあって、そっちも興味深かったです。余裕があればご覧下さい。

Selenium 徹底活用 - 第6回 オープンソーステクノロジー勉強会
 同じくSelenium IDEの作者の方のものです。勉強会をやられたときのスライドですね。本の記事に比べると内容が薄いけど、入門としては十分かな。

Selenium IDE
 説明が遅れましたが、ブラウザの操作をSeleniumのテストとして記録してくれるツールです。Firefoxの拡張として提供されているので、当然Firefox専用です。詳しくは他で説明しているページを紹介することでかえさせてもらいます。

 cl.pocari.org - Web アプリケーションテストツール Selenium のテスト記述から開放してくれる Firefox 拡張 Selenium IDE
 【ハウツー】これはすごい! Web案件必須 Selenium - 人気急上昇中自動テストツール (4) Hello! Selenium IDE (MYCOMジャーナル)

Selenium on Rails
 Ruby On RailsのサイトをSeleniumでテストするためのツール(プラグイン)です。Ruby On Railsで開発するなら必須ともいえるかな。ちょこっと使ったけど便利だった。事前にfixtureを読み込むという機能があるのが便利だね。

 Selenium on Railsはテストファイルのフォーマットが違っていて、Selenese形式というものを使います。Selenium IDEでSelenese形式で記録できるようにすることもできます。以下は手順。

1. ここにあるWiki.jsの内容をコピーする
2. Selenium IDEで「オプション」→「設定」で設定の画面を表示する
3. フォーマットのタブを選択し「追加」ボタンを押す
4. 表示された画面の入力エリアに1でコピーした内容を貼り付ける
5. Name of the format:(フォーマットの名前)に文字(Seleneseとか)を入力し、「OK」ボタンを押し登録する
6. 設定画面を閉じる
7. 「オプション」→「フォーマット」で複数のフォーマットの候補が表示される
8. 5で登録した名前が表示されているはずなので、それを選択する

posted by よっしぃ at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Selenium

2006年12月15日

Visual Studio 2005でのOracleへの接続で設定するServer Nameについての情報

 Visual Studio ExpressVisual Web Developer 2005 Express Editionでは、Database ExplorerでOracleへの接続も作成できます。使ってないのでわかりませんが、上位エディションでもきっとできると思います。

 そのOracleへの接続の作成の部分でネットにも出てないと思われる情報があったので、紹介させてもらいます。なお、英語版を元に説明していますので、日本語版を使っている方はメニューの項目名を日本語に置き換えてお読み下さい。

 Database Explorer ビューのData Connectionsで右クリック→Add Connectionで接続情報を入力する画面が表示されます。(この画面のData Sourceの値が「Oracle Database」になっていなければ、Change Data Source画面で変更して下さい)

 私の環境では、この画面のServer Nameの部分にホスト名(または、IPアドレス)」のみ、「Oracleインスタンス名(データベース名でいいのかな?)」のみだと接続ができませんでした。

 そこで、「ホスト名(または、IPアドレス)/Oracleインスタンス名」と設定してみたところ接続ができるようになりました。

 この情報は、ネットで探してもなかったと思います。Visual StudioでOralceへの接続の作成ができない場合にお試し下さい。

posted by よっしぃ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Visual Studio 2005

2006年12月02日

電源管理のアイコンセットのご紹介

 「電源を切る」ボタンをデスクトップに置く方法 | p o p * p o p

 へー、これ以外と知らない人が多かったらしい。ここにWindowsXP用のWindowsの終了(「電源を切る」と同じ)、Windowsの再起動、ログオフ、休止、ロックのアイコンをセットにしたものをアップしていたので紹介しときます。クイックシャッターだと、ロックはないけど、スタンバイのアイコンが含まれるので必要ならコチラをどーぞ。
タグ:Windows XP tips

posted by よっしぃ at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2006年12月01日

http://www.google.co.jp/ で始まる、特殊なページ一覧を表示するページを作成してみた


posted by よっしぃ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年11月02日

ソースコードを色づけ表示のHTMLに変換してくれるサイト

 
 VimColor - source code highlight

 すでにこのサイトでも何度か使用していますが、このページでプログラムのコードを色つきHTMLコードに変換できます。ブログなどで紹介する時に読みやすくなるのでとてもありがたいです。

 ただ、スタイルシートがカスタマイズできるサイトじゃないと使用できないかな。

posted by よっしぃ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Webツール

フィード効果でポップアップできるライブラリTipsterの簡単な解説

 Tipsterはポップアップ表示する要素の元をテンプレートとして定義できて、テンプレート内にキーワードを埋め込めばポップアップ表示時にその部分を別の文字に置き換えることができます。実際にポップアップ表示させるには自分で表示関数の呼び出しを記述する必要があります。

 ちょっと手間がかかりますが、テンプレート機能は強力だと思います。ポップアップ表示が似たような内容のものが多い場合などは便利かな。


【参考】フィード効果でポップアップできるライブラリ

posted by よっしぃ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

フィード効果でポップアップできるライブラリSuperNoteの簡単な解説

 SuperNoteはなんといってもコード量が少なくて済むというのがいいね。ポップアップ表示させる要素をあらかじめ用意しておけば、あとはポップアップを表示させたいアンカーのclass属性を特定の書式で書けば動作します。

 ただ、ポップアップ表示させる要素をあらかじめ用意する必要があるということで、ポップアップ表示する箇所が多い場合はそれが手間になるかも。


【参考】フィード効果でポップアップできるライブラリ

posted by よっしぃ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。