2006年08月18日

.NET用のXML-RPCライブラリ

 XML-RPC.Net

 .NET用のXML-RPCライブラリです。上記サイトの使用例のコードを見てもらうとわかりますが、かなり簡単にXML-RPCの呼び出しが行えます。
タグ:XML-RPC .net

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | .NET

2006年08月09日

JavaScriptで動くテンプレートエンジン

 JavaScriptで動くテンプレートエンジン//d.hatena.ne.jp/shogo4405/20060727/1153977238" target=_blank>JSmartyというものがあります。PHPのSmartyのJavaScript版ということみたいです。これはとても興味深いですね。

posted by よっしぃ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

2006年07月24日

日本のIT業界は優秀なエンジニアほど引退が早い!?

優秀なエンジニアから引退していく、日本のIT業界

 身に詰まされる話です・・・。そういう人の救済の場をもっと増やしていくといいのかな。難しいです。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

CAB(Composite UI Application Block)についての記事

 英語ですが、ここここComposite UI Application Block(CAB)についての記事が合わせて7つ投稿されています。

 僕が探した中では一番丁寧に書いてあると思います。導入前などにご参照いただけたらと思います。
タグ:.net

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | .NET

2006年06月30日

ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 Express対応の無料ホスティングサービスの日本版

 ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 Express対応の無料ホスティングサービスで日本のもので最近オープンされたものがあります。

 ファーストサーバ

 ここのエクスプレスが無料のものです。エクスプレスは先着順のようなので、興味ある方はお早めに登録した方がいいみたいですね。

 ちはみに、私は早速登録しました。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET

2006年06月19日

ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 Express対応の無料ホスティングサービス

 ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 Express対応の無料ホスティングサービスということで使用しているWebMatrixHostingがASP.NET 2.0のサイトが動作しない上にサポートもしてくれないので、乗り換え先を探してみました。

 駄目もとで無料のもので探してみたら海外のサービスで2つほど見つけましたのでご紹介。

 FREEWEBDOT.com
 AspSpider.NET

 せっかくなので両方に登録して、使用感を比較してみようかと思います。

 なお、SQL Server 2005 Expressは使えなくてもいいというなら、ASP.NET 2.0対応の無料ホスティングサービスということでAsphost4free.comというサイトもあります。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET

Visual Studio 2005を使ったテスト

 わんくま同盟 大阪勉強会 #1のサイトの資料で「Visual Studio 2005を使ったテスト」というものがあります。

 見てみたらなかなかよかったので紹介します。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Visual Studio

2006年05月30日

MonoRailのサンプル

 ここからMonoRailのサンプルがダウンロードできます。

 適当な場所に解凍して、Visual Web Developerで[解凍したフォルダ]\HelloMonoRail\WebSiteを開いて、デバッグ開始かデバッグなしで開始をします。

 ディレクトリ一覧(URL:http://localhost:[4桁の数字]/WebSite/)の画面が表示されるので、アドレスバーでHome/index.railsをURLの後ろに入力して、エンターキーを押して下さい。

 「Welcome to your new website.」の画面が表示されれば成功です。

 IISの場合は、仮想フォルダの設定が必要ですが、同様に実行できると思います。


 簡単に解説します。

 http://localhost:[4桁の数字]/WebSite/Home/index.rails でbin/HelloMonoRail.dllのHomeControllerクラスのIndex関数が呼び出されます。HomeControllerクラスのIndex関数の内容は以下のようになっています。

    public void Index()
{
// set a sample variable for the index.vm velocity template to consume.
PropertyBag["creator"] = "Nick Farina";
}

 HomeControllerクラスの基底クラスのCastle.MonoRail.Framework.ControllerのPropertyBagプロパティに値を設定しているだけです。

 表示にはviews/home/index.vmが使われます。index.vmはテンプレートエンジンNVelocityのテンプレートファイルです。index.vmがNVelocityのテンプレートエンジンで処理された結果がWebの出力になります。NVelocityの処理については割愛しますが、index.vm内の$creatorがHomeControllerクラスのIndex関数でPropertyBag["creator"] に設定した「Nick Farina」に変換されます。

 http://localhost:[4桁の数字]/WebSite/Home/index.rails で「This site was created by Nick Farina」と表示されていれば、値の受け渡しがうまくいったということになります。

 HomeControllerクラスにAbout関数を追加して、views/home/about.vmを追加すれば、http://localhost:[4桁の数字]/WebSite/Home/about.rails でアクセスできます。

 bin/HelloMonoRail.dllにLinksControllerクラスを追加して、Index関数を追加し、views/links/index.vmを追加すれば、http://localhost:[4桁の数字]/WebSite/Links/index.rails でアクセスできます。viewsに追加するファイルはindex.aspxにもできますし、クラスライブラリを自作して追加すれば、他のテンプレートエンジンのものにもできます。

 ざっとでしたが、MonoRailをは大まかにはこんなかんじです。英語ですがここにもう少し詳しく書かれています。興味がありましたらご参照下さい。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET

2006年05月26日

.NETのテンプレートエンジン

.NETのテンプレートエンジンをいくつか見つけたので、紹介しておきます。

StringTemplateAder Template

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | .NET

2006年05月16日

スタートページのMSDN Online更新情報を更新する

[Tips]スタートページのMSDN Online更新情報を更新する

 紹介しようと思ったら、すでにとてもわかりやすく紹介して下さっていました。

 ちなみに、Visual Web Developerでも同様だったので、Visual Basic、Visual C++などでもできるでしょう。

posted by よっしぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Visual Studio

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。